CONSTRACTION RESULTS

施工実績

樹齢300年の大木の上に建つツリーハウス
~樹木の振動特性計測例~

コンサルティング

 某リゾート施設が計画した巨大ツリーハウス。設置前に樹木の振動特性を計測しました。ヤクモの確かな技術力が、自然と一体化した空間づくりに一役買っています。

 

 

課題


 「ツリーハウス」とは、生きている木を土台(基礎)にして作られた建造物です。某リゾート施設では、樹齢300年のクスノキの上にツリーハウスを建てる計画があり、設計にあたっては、土台となる樹木の振動特性を明らかにし、構造設計に反映する必要がありました。ヤクモでは、実際に樹木にセンサを取り付けて測定を行い、その結果から構造解析用樹木モデルを作成し、ツリーハウスが樹木に与える影響と樹木揺れがツリーハウスに与える影響について解析しました。

 

 

 

 

対策


 測定対象は、某リゾート施設敷地内に生えている樹齢300年のクスノキでした。

 

 

 

 

 ハウス荷重点となる4箇所にセンサを取り付けて、3方向の振動加速度を測定、以下の項目を算出設定しました。

  • モード振動数(Hz):常時微動、加振時の2パターン
  • 減衰定数(比)
  • モードマス(kg)

 

 

 

 

結果


 測定結果は以下の通りとなりました。

 

 

 

 

 測定結果を基に荷重点をモデル化して、ツリーハウスの構造設計に反映させています。

 

 

 

実績一覧へ

DOWNLOAD

ダウンロード

03-5496-7555

お問合せ・資料請求はこちら

平日: 10:00 ~ 16:00
(土・日・祝祭日及び当社指定休日を除く)